熱帯魚ベタの飼育に必要な物リスト

熱帯魚の中でも、飼い始めるまでの敷居がダントツで低いベタ。

他の熱帯魚に比べて、飼育に必要なものも少なくて済むので初心者にはオススメではありますが、それでも必要最低限の準備は必要になります。

そこで、ここではベタの飼育に必要な物をリスト形式でご紹介いたします。

ハリー
なお、ここで紹介するものは実際に我が家のベタ水槽で用いているものとなります。

ベタの飼育に必要な物リスト

項目

それでは早速、ベタの飼育に最低限必要なものを紹介していきましょう!

ベタの飼育に必要な物リスト

  • 水槽
  • カルキ抜き
  • ヒーター

水槽は小型な物でOK

寿工芸 クリスタルキューブ 150H/B

まずは、飼育場所でもある水槽について。

いくらベタが手軽に飼えると言っても、当然水槽は必要になります。ただ、ベタはそこまで高速で動き回る熱帯魚ではないので、小さな小型水槽で十分です。

なお、我が家では寿さんの15cmクリスタルキューブ水槽をベタ水槽として使用しています。

>>寿工芸 クリスタルキューブ 150H/B

カルキ抜き

ベタの飼育に必要な物の2つ目としては、カルキ抜きが挙げられます。

水槽の中に水を入れる必要があるのは説明不要でしょうが、その水として水道水をそのまま使う事はできません。

というのも、水道水には熱帯魚には有害な塩素(カルキ)が含まれていますので、その塩素を中和する必要があります。

その際に必要になるのがカルキ抜きです。

ハリー
ちなみに、水道水を2日ほど汲み置きしてカルキを抜くという方法もあります。

カルキ抜きがあれば、蛇口から出した水を短期間で飼育水に変換する事が可能になります。なお、今のご時世、100均でもカルキ抜きが販売されていますので、入手も簡単に行えるでしょう。

ベタフード20g

続いて必要なものは、ベタの餌です。

ベタは結構何でも食べてくれますので、我が家では少しの間メダカの餌を与えていた時期もありました。

が、やはり肉食傾向の強いベタにはベタ専用の餌を与えた方が、体色も綺麗に健康的に育ってくれますので、ここはケチらずに専用の餌を用意する様にしましょう。

ハリー
もちろんベタ専用の餌といっても全然高額なものではなく、数百円で購入できるものですので、その点はご安心を^^

>>ベタフード20g

ヒーター

エヴァリス プリセット オートヒーター 10

ベタは他の熱帯魚よりは、飼育できる水温の範囲が広いので、多少の低音には耐える事ができます。

が、それでも日本の冬場の低水温には流石に耐える事ができませんので、水温を上げるためのヒーターは必要になります。

ただ、幸いなことにベタの飼育に使用する水槽は小型な事が多いので、その小さな容量の水温維持に必要なヒーターも小型で安価なもので十分に役割を果たしてくれるのです。

>>エヴァリス プリセット オートヒーター 10

ハリー
以上がベタの飼育に最低限必要な物の一覧となります。

 

ベタの飼育にあれば良い物

続いては、ベタの飼育には無くても大丈夫ではあるが、用意する事で環境をよくする事ができる物も併せて紹介いたします。

ベタ飼育にあると良い物

  • 照明
  • 濾過フィルター
  • バクテリア溶液
  • 水草

照明

テトラ (Tetra) LEDミニライトLED-MINI

まずは、ベタ用の小型水槽に取り付けられる照明です。

熱帯魚にも生活リズムがありますので、そのリズムを調整するためにも、また観賞の際により綺麗に見れる様に照明を用意した方がいいでしょう。

最悪、なくてもベタが死んでしまうことはありませんが、しっかりと照明を当ててあげる事でベタの発色がよくなる事もありますので、基本的には照明があった方が望ましいでしょう。

>>テトラ (Tetra) LEDミニライトLED-MINI

濾過フィルター

テトラ (Tetra) マイクロフィルター

続いては、水中内の浮遊物や汚れを濾過してくれるフィルターという存在です。

ベタは比較的に汚れた水や視界が悪いなどの悪環境でも生存する事ができる熱帯魚ですが、それでも綺麗な環境と比較すれば当然後者の方が長生きできる環境と言えるでしょう。

また、フィルターを導入する事で面倒な水換えの頻度を減らす事ができますので、そういった点でも水槽内に濾過フィルターを入れるメリットは大きいです。

ベタは水流に弱い熱帯魚ですので、高価で大きいフィルターは逆効果になります。

>>テトラ (Tetra) マイクロフィルター

バクテリア溶液

ジェックス サイクル 500ml

前述のフィルターとも理由が似通っている物ですが、バクテリア溶液を水槽内に導入するとベタの飼育環境としては更に良くなるでしょう。

このバクテリア溶液は、ベタの排泄物(有毒)を分解してくれる働きを持つ微生物で、バクテリアが定着している水槽であれば水換えの頻度を格段に少なくする事が可能です。

ただ、これも前述の通りベタが悪環境でも生きられる事を考えると、「絶対に必要」というわけではありません。

>>ジェックス サイクル 500ml

水草

(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス(10本) 本州・四国限定[生体]

ベタの飼育が簡単である理由の一つに、彼らの呼吸方法が挙げられます。

通常の熱帯魚はエラから水中の酸素を取り込む呼吸方法ですので、水中の酸素濃度を一定値以上に保っておく必要があります。

しかし、ベタの場合はラビリンス器官という空気中から直接呼吸できる器官を持っているため、エアレーションなどがない水槽でも呼吸する事が可能なのです。

とは言え、エラ呼吸もできますし、わざわざ水面まで移動して呼吸するよりもエラ呼吸の方が確実に楽ですので、可能であれば水中の酸素濃度もある程度は確保しておきたいところです。

そこで活躍するのが水草による光合成です。

エアレーションを導入することでも解決しますが、そうなると必要な電源コードが1本増えてしまいますし、何より水槽の見栄えが悪くなってしまいますので、水草の光合成による酸素供給が一番理にかなっているでしょう。

>>(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス(10本) 本州・四国限定[生体]

 

ベタの飼育にもある程度は準備が必要!

以上が、ベタの飼育に必要な物のリストとなります。

本当に最低限の準備でベタをお迎えする場合は、2,000円前後で揃えることも可能となりますので、やはりベタの飼育は他の熱帯魚に比べて非常にリーズナブルだと言えるでしょう。

ちなみに、ベタ自体はペットショップが併設されているホームセンターで販売されていることも多く、1,000円以下の個体も多いでしょう。(状態は店舗次第では悪い場合もあります)

また、最近ではベタをネットでも購入する事ができますので、あまりにもボロボロのベタしか店舗で売っていない場合は、無理して購入せずに郵送でお迎えする方法も検討すべきでしょう^^

>>(熱帯魚)ベタ トラディショナル オス 青系(約5cm)(1匹)[生体]

その他、ベタに関する記事はこちらからご覧いただけます。

© 2020 ハリーのアクアリウム生活