プロホース

水槽・器具

【プロホース最強】底床掃除の効果を100均の掃除道具と比較した結果!

水槽のメンテナンスの中でも、底床掃除は重要な項目の一つです。

そして、そんな底床掃除の道具として有名なプロホースを今回購入する事ができましたので、そのレビューを行いたいと思います。

ちなみに、私は今まで100均の底床掃除道具を使っていましたので、これとの比較も行いたいと思います。

created by Rinker
水作
¥1,300 (2020/10/28 01:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

プロホースと100均商品の比較

今回私が購入したプロホースはMサイズのもので、水槽の高さ36cmまでが対応可能範囲となっているものです。

そして、プロホースを購入するまでに使用していたのは、100均で販売されていた水槽の底床掃除道具でございます。

100均ホース

ハリー
もちろん100円の商品です。

100均の底床掃除ホースの使い心地は?

まずは、100均で購入した底床掃除ホースの使い心地についてご紹介いたします。

結論から言いますと、1回使っただけで以降は一度も使うことはありませんでした(汗)

と言うのもこのホース、最終的に他のホースと同様にサイフォンの原理を使用して水を吸い上げる仕組みであるはずなのに、その吸い上げスピードが異様に遅いのです。

そのせいか一応水の吸い上げは出来ているものの、あまりにも勢いが弱すぎて底床に溜まっているゴミや糞を吸い上げる程の勢いがなく、「底床掃除」としてはほとんど機能していなかったのです。

ハリー
色々試してみましたが、最終的に吸い込み口を水槽内で揺らしてゴミや糞を舞い上がらせて、それを吸い出すという力技でしか糞の吸い出しは出来ませんでした。

プロホースの使い心地は?

対して、プロホースの使い心地についてご紹介いたします。

前述の通りプロホースも最終的にサイフォンの原理を使って水の汲み上げを行いますが、こちらは100均商品とは異なりしっかりとゴミや糞などを巻き上げながら吸い出す事が出来る商品でした。

ハリー
なんなら、ソイルも一緒に吸い出す位の勢いですね(汗)

加えて、吐水口付近のホースを指でつまむだけでその勢いを弱める事ができますので、ソイルを巻き込み過ぎた場合もしくはソイルまで舞ってしまわない様に水量調節することも可能です。

本体は水流調節出来るグリップも同梱されていますが、間違えて捨ててしまったので仕方なく「指でつまむ」という方法で調節しています。皆さんは捨てない様に注意しましょう。

 

プロホースが使いやすいと思う点

解決方法

上記の様に、底床掃除に100均の商品を使った事がある自分としては、プロホースは非常に使い勝手の良い底床掃除グッズだとオススメする事ができます。

そこで、ここからは具体的に私が「プロホースのここが良い!」とおうポイントをご紹介していこうと思います。

水の吸い出しが容易

まずは、やはり何と言っても水の吸い出しが簡単である点です。

こういった底床掃除の道具は基本的に高低差を利用したサイフォンの原理に頼る事になるのですが、サイフォンの原理が発動するまでは手動で水を吸い出させる必要があります。

その為、付属のポンプでシュコシュコする必要があるのですが、プロホースの場合はそのポンプが何とも言えない丁度良い角度、丁度良い大きさに設計されているのです。

プロホースのポンプ

ハリー
女性の中でも、手の小さい方には少しキツいかも?

なので一番面倒な作業であるシュコシュコからサイフォンの原理が働くまでを、かなり簡単に行う事が出来ています。

逆流防止弁が良い仕事している

次にプロホースの良い点として挙げられるのは、ホース内の2箇所に逆流防止弁が設置されている点です。

これは前述の「水の吸い出しやすさ」にも関係ある部分で、手動で吸い上げた水が逆流してしまう事で水の汲み上げ作用が途中で無くなってしまわない様にしているパーツです。

これのお陰でシュコシュコを大急ぎで行う必要はなくなり、少しずつゆっくりと水を吸い上げても軽々とサイフォンの原理を働かせるまでに至る事が出来る様になっています。

ソイルの中まで掃除可能

そしてプロホースの良い所の3つ目は、ソイルの表面だけではなく内部の汚れまで吸い取る事が出来る点です。

実際に掃除している様子をお見せしたい所ではありますが、如何せんプロホース使用時は両手とも塞がっている状態になりますので、写真や動画をとることは難しいのですが、商品パッケージで言えばこの部分に当たります。

プロホースでのソイル(底床)掃除の場合、単にソイル表面に積もっているゴミや糞だけではなく、ソイル自体もホースの中で舞う事になります。

その為、普段はソイルの隙間に入り込んで目視では確認できない様な汚れも一緒に吸い上げる事が出来るのです。

もちろん比重はソイルの方が重いのでソイルがゆっくり落ちていく水流に調整してあげる事で、表面の汚れに加えて隙間や内部に入り込んでしまっている汚れまでも一緒に吸い出す事が出来るのです。

ハリー
多分初めてプロホース使われる方は、吸い出した水が茶色すぎてビックリしますよ^^;
created by Rinker
水作
¥1,300 (2020/10/28 01:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

メンテナンスも簡単

最後の推しポイントとしては、プロホース自体のメンテナンスが簡単である点です。

というのも、元々プロホースはバラバラの状態で箱に入っているものを組み立てて使用するもので、特にネジや接着剤も使用していないので、バラすのも簡単です。

その為、目詰まりや付着物が多いと感じた時は、プロホース自体の掃除も簡単に行う事が出来るのです。

スポンサーリンク

 

プロホースは本気でオススメ!

以上が、実際に底床掃除の為にプロホースを購入して、使用してみた私からのレビュー内容となります。

掃除でごっそりとゴミが取れる事に快感を感じる私の様なタイプの方は、きっとプロホースを気に入ることでしょう^^

ただ、記事内でもご紹介の通りプロホースは流量もしっかりしている商品ですので、夢中になって掃除し過ぎると足し水の量が多くなてしまい、逆に生体にダメージを与えてしまう様になります。

なので、綺麗になっている事に夢中になりそうになりますが、そこはグッと堪えて適度に底床掃除を行う様にしましょう!

ハリー
マジで100均とは比べ物にならないので、オススメです!
created by Rinker
水作
¥1,300 (2020/10/28 01:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

-水槽・器具
-, , , ,

© 2020 ハリーのアクアリウム生活