飼育までの流れ

準備・メンテナンス

熱帯魚の引き取りができる場所やサービスは?実際に利用したオススメの譲渡先をご紹介

熱帯魚を飼育していると、引越しや長期出張などどこかのタイミングで手放さないといけない事があるかも知れません。

そんな時、熱帯魚を引取ができるショップなどがあれば便利なのですが、そういったお店はほとんどありません。

そこで、ここでは熱帯魚の引き取りができるサービスや譲渡する方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

熱帯魚の譲渡が可能なサービス

ネオンテトラ

それでは早速、熱帯魚の譲渡が可能なサービスについてご紹介いたします。

ジモティー

ジモティー

まず一つ目に挙げられるサービスとしては、ごくごく最近に実際に自分で利用したジモティーというサービスです。

これは近隣に住んでいる方同士で不用品などを無償もしくは有償で譲渡する事が出来るサービスで、熱帯魚の様な生体でも取引する事が可能です。

ハリー
グッピーの赤ちゃんが生まれてしまった際に、利用させていただきました^^

このサービスの最大のメリットは御近所さんとの取引となるので、輸送費など不要で待ち合わせ場所などで手渡しができる点、そして有料にしている場合でもサービス費用などの手数料が発生しない点にあります。

ペットのおうち

続いては、ペットのおうちというペットの里親募集に特化したサービスサイトです。

5年ほど前とかなり前になりますが、転勤で超長距離移動が必要になった為に熱帯魚や飼育セット共々一緒に募集をかけて、里親を探すのに使った事があるものです。

こちらのサービスの特徴は、前述の通りペット専用のサイトですので、その他の不用品などの掲載はありません。

加えて、あくまでも里親を募集するサイトとなりますので、基本的に無料で引き渡す事になります(犬・猫の場合はワクチン代などを請求される事もあります)。

ヤフオク

ヤフオク

3つ目に紹介する熱帯魚の引き取り先としては、ヤフオクを挙げる事ができます。

ただし、このヤフオクに関しては上記の2サービスとは異なり、「譲渡可能」なだけであって「譲渡方法としてオススメしにくい」サービスとなっています。

というのも、上記の2つの方法では基本的に熱帯魚は手渡しで行いますが、ヤフオクの場合は遠方へ発送が必要になる場合も出てきます。

そうなると長距離を耐えうるしっかりとした梱包を行う必要がありますので、かなり死着しない様にするにはかなり難易度の高い作業が要求されるのです。特に冬場だったり夏場の場合は輸送中の温度管理が難しいです。

もしこれで全滅状態で先方宅に到着する様な事があれば、確実にクレームに発展してしまい余計な手間が増えてしまいますので、利用される際には元を取る事ではなく、そういったリスクに着目されることをお勧めします。

熱帯魚の引取業者

最後にご紹介する引き取り先としては、熱帯魚の引取を専門に行っている業者に依頼するという方法です。

ハリー
こういったサービスがある事自体、初めて知りました^^;

それも1つや2つではなく、結構多くの業者さんを見つける事できたので、選択肢の一つに入れる事ができるでしょう。

ただし、こういったサービスを利用する際には、費用がかかるかどうかについて入念にチェックする必要があります。

というのも、1匹が何万円もする熱帯魚であれば業者側も人件費を割いて引き取りを行うメリットがありますが、1匹数百円前後の熱帯魚に対して出張引き取りなどは赤字になるので、会社として行う事はないでしょう。

なので、無料引取+送料自己負担だったり有料引取という様に、必ず会社が損しない為の設定がされているはずですので、これを含めて考えるとジモティーなどで最低でも無料、良くて数百〜数千円で売る事が出来る方法の方がコスパは高いでしょう。

 

個人経営のアクアショップは可能性あり?

最適な方法

なお、可能性の低い話ではありますが、個人で経営されているアクアショップなどでは、稀に引き取りを行ってくれるショップも存在しています。

もちろん、個人経営のアクアショップであればどこでも受け入れてくれる訳ではありませんし、反対に店の水槽に病気を持ち込ませてしまい全滅してしまうというリスクなどを考えると、むしろ受け入れてくれるショップは少数派になるでしょう。

しかし、常連さんなど信頼関係ができている間柄で、熱帯魚を無償での引き取りを行ってくれた例もあります。

なので万が一、近隣に馴染みのアクアショップがある場合は、ダメ元で引き取りが出来ないか相談してみるという手もあるでしょう。

ハリー
店では引き取れないが、店員さんの家で飼ってくれる事になるかも知れませんしね^^

 

熱帯魚をサイト経由で譲渡する際の注意点

注意

熱帯魚の引き取りや譲渡をコスパよく行うには、私の経験上やはりジモティーなどのサービス利用が一番オススメできる方法だと考えています。

しかし、こういったサービスは手軽に利用できる代わりに、少し注意が必要な点があるのです。

素人同士の取引になる

まず一つ目の注意点は、サービスサイト自体はあくまでも需要と供給をマッチングできる為だけのサービスですので、実際の取引には素人である本人同士が行う必要があるという点です。

つまり、日程や受け渡し方法などの取り決めを自分たちで行う必要があるのです。

なので双方ともに超人見知りで、自分から発言(サイト経由でのメッセージのやりとり)が出来なければ、一向に取引が進まなくなるのです。

中には変な人もいる

そして、一番厄介なのが、コンタクトは取れるもののドタキャンする人だったり、ちょっとヤバそうな人も一定数は存在しています。

こういった「ヤバい人」に関しては、ジモティー・ペットのおうち・ヤフオク全てにおいて過去の取引の際の評価がついていますので、そこからある程度推測する事が可能です。

また、犯罪をおこしそうな方が紛れている可能性もありますので、そういった場合にはジモティーであれば電話番号認証や身分証明書の確認が済んでいるアカウントかどうか事前に確認する事ができますので、そこから判断する事が可能です。

ジモティーの認証

ジモティーのアカウント情報ページに記載があります。

ハリー
私は男ですが、やはり安全の為に両方の認証が済んでいる方としか取引はしないう様にしています。

ちなみに、ペットのおうちに関してはこの身分証明の承認等のシステムがないので、個人的にはジモティーが一番オススメですね(汗)

 

まとめ

以上が熱帯魚の引き取りができるサービスやサイトのご紹介となります。

ちなみに、かなり近々で引越しなどが迫っている場合は、やはりジモティーなど近隣の方に譲渡する方法が一番手っ取り早いですので、是非とも参考にしていただければと思います。

ちなみに、ジモティーでは基本的に無料もしくは安く入手できることを期待している方が多いので、急ぎの場合は超激安もしくは0円で掲載すれば、かなり早めに引き取り先候補が申し出てくれます^^

ハリー
ちなみに、私の場合は激安で掲載しますので、基本的にその日の内に引き取り先が決定しています^^

スポンサーリンク

-準備・メンテナンス

© 2020 ハリーのアクアリウム生活