コケ取りマグネットクリーナー

水槽・器具

水槽のコケ取り用のマグネットクリーナーは使いやすい?そのメリット・デメリットを紹介!

アクアリウム水槽のメンテナンスで比較的に頻度の高いものに、「コケ掃除」があります。

このコケ掃除を行うには、スクレーパーやスポンジなどを水槽内に突っ込んで行う必要がありますので、少し手間がかかります。

が、その手間を緩和できる可能性があるアイテムに「マグネットクリーナー」というものがあります。

今回は実際にそのマグネットクリーナーを使ってコケ掃除を行ってみた感じたメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

マグネットクリーナーのメリット

マグネットクリーナーは超楽チン!

それでは早速、マグネットクリーナーを実際に使ってみて感じたメリットからご紹介していこおうと思います。

ちなみに、今回私が購入したのはGEXさんから販売されているマグフィットフロートという商品となります。

コケ掃除の準備・片付けが不要

このマグネットクリーナーのメリットは、なんと言ってもコケ掃除を行うための準備や片付けが不要であるという点にあります!

というのも、マグネットクリーナーはその名の通り磁石で水槽のガラス面を挟み込む仕組みになっていますので、掃除の有無に関わらずそのままガラス面の端っこの方に放置させておく事が可能です。

そして、気が向いた時に外側に付けているマグネットを操作して、ガラスの内側についたコケ掃除を開始する事が可能です。

もちろん、コケ掃除が追わればいちいちマグネットを取り出す必要もないので、そのまま放置するだけという手軽さなのです。

ハリー
たまに内側のマグネットの掃除は必要になりますがね^^;

狭い箇所も掃除できる

マグネットクリーナーの2つ目のメリットは、レイアウトや濾過フィルターの吸水・排水パイプ付近などの狭くなっている箇所でも掃除ができるという点です。

もちろん、隙間が数mmしかない様な場所ではさすがのマグネットクリーナーであっても掃除することはできませんが、数cmほどの隙間であればスイスイと磁石を滑らせてコケ掃除を行う事が可能です。

こういった狭い場所はスクレーパーでは角度をつける事が出来ないので、今までは掃除が出来ないorわざわざバイプやレイアウトを移動させてから掃除する必要があったので、そういった手間を省く事が出来るのは非常に助かります。

手が濡れない

そこそこ高さのある水槽の場合、そこの方のコケ掃除を行おうと思うとこういった縦長のアイテムを使用したとしてもある程度は手を水の中に突っ込む必要がありますので、どうしても濡れてしまいます。

しかし、マグネットクリーナーの場合は深さによって濡れてしまうといった事がなく、どれだけ深くとも手を濡らさずにコケ掃除を行う事が出来ます。

なので、コケ掃除によって水槽周りに飼育水が垂れてしまう事もないので、後片付けや衛生面でもかなり優秀なアイテムといえるでしょう。

 

マグネットクリーナーのデメリット

レビュー

続いては、マグネットクリーナーの「ここがチョット(汗)」と感じてしまったデメリットについてご紹介いたします。

角や隅に弱い

まず一つ目のデメリットとしては、ガラス面の継ぎ目すなわち角っこだったり、ソイルに近い場所のコケ掃除が出来ないという点です。

マグネットクリーナーの弱点

多くのマグネットクリーナーは基本的に正方形や長方形の形状をしていますが、とはいえ実際にコケ掃除ができる部分はその面積全体ではなく、少しだけ狭い範囲までしかクリーナー素材が付けられていません。

よって、その余白分は掃除が出来ない範囲になりますので、こういった四隅やソイルとの境目の掃除が出来ないのです。

コケ除去力はやや弱い

スクレーパーを使ってコケ掃除を行う場合は、慣れている方であれば1往復させるだけでその部分のコケを綺麗に取り除く事が可能です。

しかし、マグネットクリーナーの場合はあくまでも磁石だけの力だけでコケを落とす事になりますので、1回でスクレーパーほど綺麗にコケを落とし切ることは出来ません。

なので、同じ場所を何往復も擦り続ける必要があります。

もちろん、ほんのり苔ってる程度の状況であればそこまで往復回数は必要ありませんが、そこそこの厚みや密度が出てしまっているコケの場合は「マグネットクリーナーじゃ取れないかも?」と思うくらい何度も往復させる必要があります。

なので、そのレベルまで苔ってしまっている場合は、いっその事スクレーパーなどで掃除してしまった方が時間も手間も少なくなる可能性が高いです。

 

まとめ

以上のことから、コケ掃除の道具としてマグネットクリーナーを利用することは、十分にメリットになると言えるでしょう!

ただ、前述でもご紹介のとおり、隅っこや角の掃除はマグネットクリーナーでは出来ませんので、そういった部分はどこかのタイミングでスクレーパーなどを使って掃除する必要があります。

マグネットクリーナーの特徴

  • 手軽に掃除できる
  • 手を濡らす事がない
  • 角や隅の掃除には不向き
  • 頑固なコケには心許ない

この様にマグネットクリーナーには向き不向きはあるものの、その手軽さのおかげで水槽の大部分は常に綺麗な状態を保つ事が出来ています。

なので、もし普段からなかなか水槽のメンテナンスに時間が取れないという方がいましたら、ものの数秒だけでもコケ掃除を行う事ができますので、オススメできる商品だと思います^^

-水槽・器具
-, ,

© 2020 ハリーのアクアリウム生活